fc2ブログ
 
■プロフィール

ヨッコ

Author:ヨッコ

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

不腸だ
ススム君が不腸だった昨日
とっぴいも不腸でした。

ゆるいウンチを何度かしてました。

20210331-1.jpg

昨日は元気もあまりなくて、
ベッドでおとなしくしていることが多かった。

といってもカルビよりは動いていたし、
シニアのシーズーだったら普通なんだけど
いつもチョロチョロ動いているとっぴいなので
元気がなくなると分かりやすい。

今日もまだウンチは緩いけど、
ウロウロと動き回れるほどには復活

もともと軟便気味なんです。
だからダメージは普段より少し悪い程度

20210331-2.jpg


食欲はあります。

ご飯が出てくるのを待っている
20210331-3.jpg

昨日からは消化器サポートのフードをあげてます。
移動の時に、おなかが緩くなった時用としていただいたのだけど、
あんなさん、こうなることを予見してた?

この消化器サポート、あまりお気に召さない様子
ちょっと食べて、一旦やめて、また食べて、またやめて…でも結局食べる
これしかないならこれを食べるよって感じです。

今は無理に食べなくていいと思うけど、
痩せてるから、やっぱり食べてほしいとも思う。

薬はピルポケットに包んであげていて、
これは喜んで食べてます(飲んでます)

昨日よりは今日の方がよくなっているし、
このままよくなりますように。


Instagram

ARChバナー


スポンサーサイト



とっぴい | 23:26:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
元気なシニア
とっぴいはシニアです。

20210326-1.jpg

推定年齢は、今のところ暫定で10歳ということになっていますが、
もう少し上なんじゃないかな、と思っています。
今度病院に行ったとき先生に聞いてみます。

シニアですけど元気です。
心臓悪くて薬を飲んでいるけど、咳などの症状は出ていません。

20210326-2.jpg

散歩も喜んで出かけます。

20210326-3.jpg

そんなにガンガン行くことはないのだけど、
細いし、頭小さいし、なんかの拍子で首輪とか抜けちゃうと怖いので
ダブルリードにしています。
右へ行ったり左へ行ったりするから、リードはすぐねじねじになっちゃう


目や耳は、見えずらい、聞こえずらい、というのがある気がします。

私が2階からリビングに降りていくと、ドアのところに迎えに来てくれます。
20210326-4.jpg

この時は、違うドアから入ってきちゃったんだけど、
ドアの向こうを見て待ってくれてます。

後ろから「とっぴい」って呼んでも反応なし
名前はたぶんわかってないけど、
私の声も聞こえないっぽい

少ししたら、やだーそっちにいたのって感じで来てくれた
20210326-5.jpg

20210326-6.jpg

かわいいですよ。

ちなみにカルちゃんはベッドから一歩も出てきません。
たぶん顔をあげることもしない(笑)

ご飯やおやつの時の反応は、カルビの方が早いです
とっぴいは気付くのが少し遅い。
気付いてからの動きは、カルビを押しのける勢いなんだけど。

20210326-7.jpg

預かりっこがいる時、おやつの順番はカルビが先なんだけど、
とっぴいはカルビより年上かもしれないから、
とっぴいが先でもいいかと思ってしまいます。
カルビ文句言わないし…
いやいや、カルビもガンバレ!


Instagram

ARChバナー


とっぴい | 22:09:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
とっぴいが来た
あんなさんのブログを見て
とっぴいどこに移動したんだろう?思った皆様

とっぴいはここにいます。

20210321-1.jpg

え?わかってた?


先週木曜日、迎えに行ってきました。
20210321-2.jpg

保護犬一覧の写真を見て、
先代デイジーにちょっと似てるって思ってました。
20210321-a.jpg

でも実際会ったとっぴいは、なんか違った
かわいいシーズーという点は一緒なんですけどね


とっぴいの印象は、細い!長い!
シーズーは意外と胴長なんだけど、それにしても長い。

20210321-4.jpg

左のカルビと比べて長いでしょ。

20210321-5.jpg

顔はかわいい。
性格も人懐こくて明るくてかわいいです。
もう少し生活の様子を観察してからプロフィールをアップしますね。


とっぴいが来るとき、たくさんのご支援品もいただいてきました。
20210321-3.jpg

とっても助かります。
ご支援くださった皆様、ありがとうございます。


Instagram

ARChバナー


とっぴい | 18:21:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
かんなちゃん1周年
昨年の3月11日、かんなちゃんトライアルを開始しました。

あれから1年
里親様から時々いただくかんなちゃんの様子からは
まだ1年しか経っていないとは思えない。
ずっとN家の子だったようなかんなちゃんです。

何事もなく1年を迎えられたことのお祝いです。
20210312-1.jpg

かんなちゃん、うれしいね
20210312-2.jpg


4年前の同じ日は、なずなちゃん(仮名メグ)がトライアルを開始した日でした。

昨年11月、ごーとぅーれいんぼーひろばで会ったなずなちゃん
20210312-3.jpg

卒業した子が幸せでいてくれること、
本当にうれしいです。

カルちゃんは卒業しなかったけど、幸せであってほしい。


Instagram

ARChバナー


環奈 | 17:04:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
ポムちゃん、お空に帰りました
冷たい雨だった昨日、
小梅さん、あんなさんとポムを送ってきました。

20210309-1.jpg

ただ眠っているだけのような穏やかな表情でした。

お空には先輩たちがいます。
お土産いっぱい持って行ったので歓迎してもらっていると思います。

今は咳も出ないし、膝も外れないし、元気に走り回ってほしいな

20210309-2.jpg

お花、ありがとうございます。


かわいいポムちゃん、表情も豊かでした。

20210309-3.jpg

この笑顔、忘れないよ。


Instagram

ARChバナー


ポム | 23:35:44 | トラックバック(0) | コメント(4)
ポムちゃん永眠
大きな手術を乗り越えたポムちゃんでしたが、
昨日5日の夕刻にお空へと旅立ってしまいました。

手術はうまくいっていました。
でも腹膜炎を起こしていてそれが回復しなくて
病院の先生方も力を尽くしてくださいましたが、
永遠の眠りについてしまいました。

手術の2日後の4日に会いに行っていました。

20210306-1.jpg

看護師さんが連れてきてくれたポムは、
しっかり顔が上がっていて表情も明るかったです。

20210306-2.jpg

待合室で音に反応してキョロキョロしたりして
入院前や手術直後よりだいぶ元気そうに見えました。
来週には退院できるかな~と期待する一方で
手術以降いつ病院から連絡が来るか、と心配な気持ちが常にありました。

翌日の朝、危険な状態という連絡が小梅さんに入りました。

会いに行きました。

20210306-3.jpg

抱っこより膝の上の方が楽だったみたい
20210306-5.jpg

思ったよりもしっかりしていましたが、
体温も肝機能も低下していてこのままでは回復は望めない。
抗生剤を入れているけど、効くかどうか…という状態でした。
ちゃんと寝かせてもらう方が体が楽だろうと思い、
一縷の望みをかけて、病院にお任せして帰宅しました。

夕方、小梅さんから電話
LINEではなく電話、という時点で覚悟はできました。

夜になって小梅さんがポムを病院に迎えに行ってうちまで連れてきてくれました。
とても安らかな表情です。
もう痛くないし、しんどくないからね。

ポムちゃん、小さな体でいっぱい頑張りました。

一緒に暮らしたのは2か月と短かったけど、
ポムがいる生活はとても楽しかったです。
ポムちゃんもそう思ってくれてるといいな。

20210306-4.jpg

応援してくださった皆様、回復を願ってくれた皆様
ありがとうございました。
残念な報告になってしまってすみません。
がんばったポムちゃんをほめてあげてください。


Instagram

ARChバナー


ポム | 23:33:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
ポムちゃん、手術
ポムちゃん、1日深夜に緊急オペとなりました。

27日(土)に入院しました。
その後点滴のおかげか血液検査の数値が少し良くなって
食欲も出てちょっとだけど調子が良くなったみたいでした。

これはもう少し様子をみようとなっていた時、
小梅さんが病院で撮ってくれたポム
20210303-1.jpg

手術をせずに済むかとちょっぴり期待したのですが、
1日(月)深夜、腹水が溜まってこのままでは危ないということで
緊急オペとなりました。

オペして分かったポムの病名は、陰嚢ヘルニア
精巣に腸管が入り込んでいたそうです。
その部分の腸管が締め付けられ壊死していました。

腸のエコーで疑われた異物はなく、不調の原因はここでした。
ポムちゃん、つらかったね。

とても珍しい症例で、先生も初めてだったそうです。

おなかを切って腸管を引っ張り出し、
壊死した部分を切除して縫合
今後ヘルニアを起こしそうな鼠径部などを縫合
腸管をおなかに戻し縫合

文章にすると短いですが、4時間もかかる大手術でした。
それも深夜12時から翌朝4時という時間帯

病院の先生や看護師さんには感謝しかありません。
病院からの連絡を受け、深夜の時間帯に一緒に心配してくれた
小梅さん、あんなさんにも感謝です。
そして、小さな体でがんばってくれたポムちゃん、
ありがとう。


昨日の夜、先生のお話を伺ってポムに会ってきました。

20210303-2.jpg

まだ元気はありません。

術後だし、今は腹膜炎を起こしているのでしんどいのだと思います。
腸管を切っているので48時間は絶食だそうです。
腹膜炎が治まって何か食べることができれば元気が出てくるかな

ポムちゃん、もう少しガンバレ!

こんな大変な手術してもらうことができたのは、
日頃からARChを応援・支援してくださる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

迷ったのですが、下の方に手術の写真を載せませす。
ポムと先生が頑張ってくれた証ですから。
苦手な人はスクロールしないでくださいね。


Instagram

ARChバナー
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

黒っぽいのが精巣に入り込んで壊死した腸管
20210303-3.jpg

腸管の壊死した部分
20210303-4.jpg

壊死した部分を切除してから縫合した部分
腸の太さが違うのをうまく合わせてくれています。
20210303-5.jpg

ポムちゃん、頑張りました。
今も頑張っています。


ポム | 20:52:10 | トラックバック(0) | コメント(6)